2012年11月25日

おちゃらけた橋下徹と藤波心さんの純真

昨日、おかゆをすすりながら「ウェークアップ!ぷらす」を見たら、さながらひな壇芸人のごとく政治家さんたちがぞろぞろ集まってわいわいがやがやと賑やかでした。
突然、司会の辛坊治郎が「テーマは景気対策と社会保障政策に絞らせていただきます!」って。
何これ?今回の総選挙のテーマは「原発と消費税とTPP」でしょうよ。「景気対策と社会保障政策」はバブル崩壊後政治が何十年やっても何の効果もないのに1時間くらいでピーチクパーチクやっても意味無いじゃん。
読売グループは「原発と消費税とTPP」をひたすら伏せておきたいのだとよくわかりました。

昔のウェークアップは桂文珍さんと酒井ゆきえさんがやっていてかなり突っ込んだ政府批判もしていたんですが辛坊治郎にバトンタッチしたらどんどん劣化していきましたね。

その後、橋下徹がみんなの党の浅尾慶一郎に「じゃんけんで候補決めてもいい」なんてヘラヘラ顔で言い放つのを見て世も末かと思いましたよ。
元電波芸人の癖が出てリップサービスしたんだと思いますが故・三宅久之さんが聞いていたら「政治家は軽口叩いちゃいけません!」って絶対小言を食らうと思います。
政治家たるもの一挙手一投足やその文言には十分に気を払わねばなりません。
旧太陽の党とみんなの党は地盤がかぶるので橋下徹はさっさと片付けたいだけなんでしょうな。

そんな橋下徹の軽口がみんなの党渡辺喜美に伝わるや否や彼の怒ること怒らないことったらありません。

【衆院選】じゃんけん発言、都知事選協定破棄…維新、みんな亀裂深刻+(1/2ページ) - MSN産経ニュース


そこでいつもの風刺ポスターです。
いっその事、総選挙はみんなじゃんけんで済ましたほうが政治が良くなるかも?と作ってみました。
AKB48ならぬAHB491(アホばっかよく言う)です。
だから〜だから〜指原莉乃さんや柏木由紀さんらの画像は使えません。使えませんって。(汗)

Janken-Sousenkyo.jpg


ちょっとここで個人的なお願いです。
私の作ったパロディーポスターのPDFをDropBoxにアップして配布していたんですがとうとう容量が尽きてアップできなくなりました。SeeSaaブログではファイルが大きくて置けないのです。
私みーけを助けてやろうという心広いあなた!そうです目の前のあなた!こちらのリンクからDropBoxに登録していただければあなたにも私にも500メガバイト余分にプレゼントされます。
なにとぞよろしくお願いしますm(_ _)m
☆☆500メガバイトボーナスがもらえるDropBox申し込みリンク☆☆

さてさて今度は藤波心さんです。
知らない方のために説明しておくと中学生のアイドルタレントさんです。
アイドルなのに原子力撤廃を訴えて一躍有名になりました。
それには賛否両論があるのですが私は賛成派です。アイドルでも人間ですし中学生にも気持ちも心もありますから。
選挙権のまだない若者も社会的意見を普通に交わせる世の中にしなければ日本の政治はどんどん衰退の限りを尽くすと私は思います。

そして彼女は脱原発を表明している政党にTwitterで呼びかけをしているんです。





大人の事情で幾つもの建前が先に立ち未だ団結ができない政党らに波紋を投げかけているのです。
藤波心さんの純真なお気持ちに心打たれ私の駄ブログでご紹介する次第です。

橋下徹は藤波心さんの爪の垢を煎じて飲んだほうがいいと思う、体温38度の日曜のだるい午後でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜

MSN産経ニュースより引用【衆院選】じゃんけん発言、都知事選協定破棄…維新、みんな亀裂深刻

 衆院選の「第三極」の柱になるとみられていた日本維新の会とみんなの党との確執が24日、一気に表面化した。みんなの党の渡辺喜美代表は東京都内での街頭演説などで、維新代表代行の橋下徹大阪市長が両党間の候補者調整に関し「最後はじゃんけんで決めていい」と発言したことに対し「ふざけるな。いいかげんにしろ」と反発した。
 さらに、「みんなの党はじゃんけんで負けて降りるようなやわな候補者を擁立していない」とも述べた。そのうえで候補者同士の公開討論を踏まえ一本化を図るべきだとの考えを示した。
 これに対し、橋下氏は「じゃんけんは理屈ではなくまとまろうという強烈なメッセージだ。それくらい理解できない人は政治家にはなれない」と反論した。
 両党をめぐっては、29日告示の東京都知事選に向けて交わした共同推薦の協定書について、維新の石原慎太郎代表が破棄したことも判明した。
 維新関係者によると、石原氏はみんなが維新に合流しないことを理由に協定書を破棄することを決断、園田博之前衆院議員を通じてみんなの江田憲司幹事長に通告した。
 渡辺氏は、維新との合流の条件として「みんなは、古い古い自民党のDNAを持つ人とは全く違う」と述べ、石原氏ら旧太陽の党の合流を白紙に戻すよう改めて訴えた。
 両党のしこりは決定的だが、橋下、渡辺両氏ともに選挙協力には前向きな姿勢を示している。
 橋下氏は24日の読売テレビ番組で、衆院過半数の241人以上としていた候補者数の目標について「現実的にはみんなの党と足して考えることになる」と述べ、維新単独での過半数擁立を断念することを明らかにした。維新の選挙区での候補者は最終的には150人程度となる見通しだ。
 橋下氏は松山市での演説で「都知事選が始まるまでが、一つになれるかどうかの最後の正念場だ」と述べ、重ねてみんなとの連携に意欲を示したが、具体的な選挙区調整となるとハードルは高い。
 維新は24日、衆院選第5次公認候補11人を発表したが、みんなとの競合選挙区は18から21へと増えた。
      ◇
 日本維新の会の石原慎太郎代表と橋下徹代表代行が27日に宮城県内2カ所で街頭演説を計画していることが24日、わかった。維新の「二枚看板」のそろい踏みは衆院解散後初めて。

posted by みーけ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303812620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。