2012年11月24日

総選挙の後、何をすべきなんだろう? 原発廃止と増税停止が最優先だと思う

今年の風邪は大変醜くく熱が引いても関節があちこち痛くて微妙なマウス操作しなければならない画像処理ができず今回はパロディーポスターはお休みします。ごめんなさい。
しかし、世の中の進歩はすごいもので布団に入りながらiPadでブログが更新できちゃうんですね〜。
たまには猫の頭で考えた私の真面目な文章もどうでしょうか?

今いくつの政党があるんでしょう?雨後の筍のように我先我先と現れては消えて…。呆れ返って眺めています。
しかし、総選挙が終わってそこから4年の間、政権を握った者たちに日本国民として全てを託さねばなりません。

3年もの間、嘘をつき続け今なお開き直っている民主党は論外です。よくもまぁ白々とテレビに出てこの期に及んでまだ嘘をつく姿を見ると前回の総選挙で民主党をプッシュした自分の行いを申し訳なく思います。
民主党なんかひとり残らず全員落選すべきと思うくらいです。

自民党はどうでしょうか?
細川政権時よりも長い間資金源を絶たれたにもかかわらず居残るしぶとさにある意味感心しますが、消費税増税を当て込んだ「国土強靭化計画」で公共事業の大盤振る舞いとか、「建設国債の日銀引き受け」をやるという安倍晋三とか、自民党の考え方は昭和40年代高度経済成長期の政策からなんら進歩していないことが伺えます。

「建設国債の日銀引き受け」をしたら反動でハイパーインフレを誘発し1万円でチョコレート1枚も買えない世の中になってしまいます。それに乗じて国の借金を揉み消すには都合よいかもしれませんけどね。

建設国債の日銀引き受けが禁止されている理由 - 岩本康志のブログ - Yahoo!ブログ


次に、日本維新の会が「あいつは嫌いだ」「合流してやる」とか尊大で情けない事この上ないニュースで溢れているんですけど、「核を持つ」と言ってはばからない暴走老人と「拒否権を持つ」市長さんがトップに君臨したら野田豚泥鰌政権の「一任を取り付けた!」事態よりも強権的で封建的な恐怖政治になりそうで心配です。
ただし、国会議員に当選してしまえば「俺が俺が」という人間の悪い癖が出てどこかの市長さんなんかポイっ!ですよ。きっと。大阪都構想も一緒にポイっ!ですって。
来年、あの市長がTwitterでかつての仲間を罵倒している姿が目に浮かぶようです。

3年余りの民主党政権で私たちがわかったことは、「国民の敵は官僚システム」だったことです。
官僚が官僚のために作った法律で官僚のために運用されているわけです。
お飾りの大臣は「よきにはからえ」で終わりです。
いや、嘘の上塗りをするために「言い逃れマニュアル集」を暗記するのが大臣の仕事であったようです。

復興予算流用「言い逃れマニュアル集」=「安住ノート」をスッパ抜く(取材協力・福場ひとみ氏)週刊ポ|大友涼介です。


法律に齟齬があったら直ちに改正をすればいいのです。立法府だけができる仕事です。
法律の改正はしないが言い訳はする、いやはや民主党はとんでもない奴らでした。

あの復興予算流用はえげつないほどの事態です。「官僚指導から政治指導でムダを省く」はずであった民主党政権で成立した法律で無駄の極致を尽くしたあげく逆ギレして弁解をしているのですから。

現在この国は多くの問題を抱えています。教育も経済も外交も社会保障も。あれもこれも直さねばならない悲惨な状況です。
しかし、今一番に優先すべきは人類史上類を見ない事故を起こした福島第一原発事故の本当の意味での収束であり、東日本大震災で被害を受けて未だに救済されない方々の支援です。
そして今までを真摯に反省し壊滅的事故を二度と起こさない仕組みを構築することです。
会社存続のために「10兆円よこせ」と宣う東電の救済よりも優先されるべきことでしょう。
それが「国民の生命と財産を守る」国の使命であり責任であると思います。

使用済み核燃料はあと数年で保管場所がなくなります。
地中に埋めて長期間管理する計画も頓挫しました。
もんじゅによる使用済み核燃料リサイクルは絵に描いた餅のごとくです。
総理大臣が馬鹿が付くほどの正直者なら素直に認めて「バンザイ」すべきです。




最後に消費税増税の是非です。
一般家庭で月々のお金が足らないならばまずは節約から始めます。その後に頑張って働いてお給金をもっと稼ごうってなりますよね。
ところがお国は「将来の社会保障にお金がかかるから今から増税」と説明するわけです。
じゃ〜「将来の社会保障」はいくらかかるのかと問うと政府は答えられず「これから議論して決める」となるんですよ。
かかる金額を算定してからいくら足りないかを見極めてその後に増税が筋ですよね。
もう嘘ばかり。情けない限りです。
他方で会計検査院が大いなる無駄を見つけてくれるわけです。ちゃんと仕事してるお役人さんは素敵です。

過去最高の1兆7900億円の無駄遣い・巨額剰余金―09年度決算報告・検査院 - 犬猫との生活 - Yahoo!ブログ


まず無駄遣い根絶、乾いた雑巾を絞りきって、なおかつ将来にかかる金額をきちんと算定して初めて増税のお話ができるんです。

テレビに出ては「増税分は全て社会保障に使う」と言う政治家さんが多いですが、実は何も決まっていませんから信じてはいけません。消費税が3%から5%に増税された時、当時の橋本龍太郎首相が「増税分は全て社会保障に使う」と言いましたが全然そんなことはありませんでした。財務官僚に拒否されて一巻の終わり。その後大不況が日本を襲いましたが増税の恩恵でお役人たちはしっかりボーナスも満額もらっています。いいの?こんなことまたやって?

そんなわけで、消費税増税は法律ごとご破算にして議論を再スタートしなければならないのです。

さて、風邪気味で取り留めのないお話にお付き合いくださいましてありがとうございました。
私の尊敬する田中良紹さんも「総選挙は消費増税の信を問うために行われる」とおっしゃっています。

「第三極」か「第二極」か (田中良紹の「国会探検」)


posted by みーけ at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303574903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。