2012年11月15日

民主党の選挙スローガンが「今と未来に、誠実でありたい」あんたバカぁ?(/´Д`)/

民主党のホームページに新しいテレビCMが上がっていたので恐る恐る見てみました。
そのタイトルが……
「今と未来に、誠実でありたい」
抜け抜けとよくもつけたね、こんなタイトル。

馬淵澄夫氏が先頭に立って潤沢な資金で制作したらしいのですが、その内容の劣化度はとんでもないものでした。



馬淵澄夫氏はこの前私が記事にした『「細野豪志が謝るふりして消費増税を肯定し「新しいマニフェストに期待せよ」』という動画も作っているのです。

さて、2分の短い動画なので私が初めて文字起こしをしてみました。

民主党の選挙スローガン
〜「今と未来に、誠実でありたい」〜

私達は今改めて思います。
政治が足の引っ張り合いをしている場合ではない。
ひとつひとつの問題を乗り越え、前に進めなくてはならない。
私達の父や母やおじいさんたちは何もないところから立ち上がりました。
「奇跡の国」という人もいたけれど、私たちは知っています。
本当は「努力の国」、「一生懸命の国」だということを。
これからこの国は大きな決断を幾つもしていかなければなりません。
どちらが正しい、どちらが間違っている、と決めつけにくいものばかりです。
魔法なんてありません。
地道に粘り強く一生懸命で、できるだけ多くの人が頷きあえる一点を見つけ出す。
私たちは思います。
「今と未来に、誠実でありたい。」
お年寄りの病院代と、子供の将来に。
町工場の経営と、お母さんの気持と、エネルギーの安全に。
企業の業績と、若者の夢に。
貿易の発展と、農業の明日に。
街の便利と、村の豊かさに。
今日の暮らしと、明日の安心に。
説明を尽くし、議論を尽くし、最良の決断をする。
「今と未来に、誠実でありたい。」
私たちは民主党です。


文句をつけるならば1日かかってもとても書ききれませんのでひと言で言うと。
「国民をなめんなよ!」

思いつくだけでもこれだけある嘘まみれの民主党です。

埋蔵金60兆円を発掘
   →  すぐに諦めて穴も掘れず。
公共事業9.1兆円のムダを削減
   →  8,000億円でお茶を濁す。
天下り禁止
   →  官僚籍のまま関連団体に出向。
公務員人件費2割削減
   →  法案を再来年以降に先送り。
赤字国債の抑制
   →  史上最大の赤字国債44億円を発行。
沖縄基地は最低でも県外に移設
   →  大山鳴動して現状恒久化。
内需拡大して景気回復
   →  デフレ深刻化。記録的な円高継続。
コンクリートから人へ
   →  道路整備事業費が608億円増える。
高速道路の無料化
   →  いつの間にか「実験」に、そして元通り。
ガソリン税暫定税率を廃止
   →  そのまんま継続。
消えた年金記録の復活
   →  復活していない。
後期高齢者制度の見直し
   →  見直しもできず。
最低時給1000円
   →  全く手付かず。
積極的な情報公開
   →  鳩山政権時から官邸会見でフリーのメディアを締め出す。
子供手当26,000円支給
   →  外人に配った挙句減額して地方も負担。所得税の扶養控除等廃止、住民税の年少扶養控除の廃止。
八ツ場ダム建築中止
   →  言うだけ番長が言っただけ。
高校無償化
   →  朝鮮学校も無償化する気でいる。
消費税は4年間議論すらしない
   →  消費税10%まで上げることを決定。

大切なのでもう一回言います。
「民主党!国民をなめんなよ!」


posted by みーけ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301993989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。