2012年11月07日

寓話 真紀子婆さんの戯言

その前に『国民の生活が台無しシリーズ「田中真紀子文科大臣」』をしみじみご覧ください。

Makiko-Tanaka.jpg


ちょっと大きめの画像はこちらです

印刷用PDFはここからダウンロードください

『国民の生活が台無しシリーズ「田中真紀子文科大臣」』はご自由にお使いください。

ではでは『真紀子婆さんの戯言』はじまりはじまり〜

とある国のお話です。
ある日、地位も名誉もお金もある大学の学長さんが愛車でお出かけしました。
高速道路に入ろうとすると入り口でひとりの婆さんにクルマを止められました。
学長さんは婆さんに何があったのか尋ねてみました。
お婆ちゃん、どうかされましたか?
婆さんはこともあろうかこんなことを言いました。
あんたの運転は認められない!
学長はびっくりして訊きました。
え?何故ですか?スピードも出してませんし免許もゴールドですし車検も定期点検だってやっていますし始業前点検だってやってから運転してるんですけど?
婆さんは自信を持ってこう言い張りました。
クルマが増えすぎて事故が多いからです!
頭が混乱してきた学長さんは婆さんに尋ねました。
お婆ちゃん、いったいあなたは何者ですか?
婆さんはニヤリと微笑み、大きく息を吸い込んでから自慢気に言いました。
「私は文句大臣です!」

----つづく?----

実際の話、真紀子大臣のおっしゃる意味もわからなくはないのですが文科省の指示で新規大学を準備をしてきた学校側としては大臣の気分でちゃぶ台ひっくり返されたようなものです。
「政治主導」をお題目にして政権交代した民主党ですが鳩山、菅、野田豚泥鰌と代を重ねるごとに「政治主導」どころか「政治無能」の度合いが醜くなってしまいました。

結局、近々野田豚泥鰌が解散をするか内閣不信任案が通り総辞職となって「真紀子文句大臣」も入れ替わることでしょう。その時まで官僚は暴風雨に耐えれば何とかなるに違いありません。
しかし、大学側としては新入生募集も絡んで自活問題ですからねぇ。

そんなこんなで文科省の官僚は姑息にいろいろと画策しているようです。

ZAKZAK「真紀子大臣暴走で官僚も“炎上” 田中文科相不認可問題」より引用

真紀子大臣暴走で官僚も“炎上” 田中文科相不認可問題 2012.11.07

田中真紀子文部科学相が、いったん不認可と判断した秋田公立美術大(秋田市)などの3大学を事実上救済する方針を表明したことについて、文科省の前川喜平官房長は6日、新しい基準での再審査に適合すれば3大学が来春開学しても行政手続き上問題ない、との考えを示した。

田中文科相の方針転換を事務方も後押しした形で、新たな検討会議で議論した後、年内にも3大学の開学を認める流れが強まった。

前川官房長は記者会見で「大学には不認可を文書で通知していないので(行政上の)不認可処分はまだ出ていない」と説明。「事務方の伝え方に問題があった」と弁明し、3大学が不認可となった、という文科省のこれまでの見解を事実上取り下げた。文科省関係者によると、新たな検討会議では1カ月程度で大学設置の審査基準を策定する。

今回の問題で田中真紀子文科相が“暴走”するたび、文科官僚は事後説明に追われた。つじつまが合わなくなり「大臣の意向を取り違えたかも…」などと苦し紛れの釈明も。とんだ「政治主導」に官僚たちはうんざりした様子だった。

6日の田中文科相の閣議後会見が終わると、前川喜平官房長が「補足説明をする」と言って報道陣を文科省の会見場に集めた。田中文科相が会見の最後になって、新たな審査基準による3大学認可の可能性を示唆したためだ。

不認可を表明した2日の閣議後会見での発言に比べ、明らかな方針転換だったが、前川官房長は「大臣が方針を変えたわけではない」と強弁した。

2日の会見後も、担当課長が報道陣に補足説明し、3大学は「不認可」と繰り返し、来春の開学も困難としていた。このことを問われると、前川官房長は「大臣の意向を取り違えたのかもしれない」とし、「まだ不認可処分をしたわけではない。事務方の責任。訂正して謝罪が必要になってくるかもしれない」と苦しい釈明に終始した。

ある文科省幹部は「週末に認可へ向け調整を始めた。大臣の独断専行にうんざりだ」と明かした。



文科官僚としては「不認可」とすれば裁判で負けてしまうので、まだ不認可ではないとして嵐の過ぎ去るのを待ち、「大学新設のシステムは天下り先確保のため絶対死守」ってところでしょうか。

私は金属疲労を起こしたこの国のもろもろの行政システムを納得いく形で建て直してくれる本当の政治家の登場を切に願う次第です。

余談ですが任命責任のある野田豚泥鰌はASEM首脳会合で中国の温家宝に無視され夕食会では誰にも相手にされずひとりぽっちだったようです。ASEMにいっぱい血税をばらまいてもこんなですから、悪病神な野田豚泥鰌を早く断ち切らねばなりません。お国のために政府専用機に乗って外交をやれる器じゃありません。日本の恥そのものです。
野田佳彦くんの演技性何たらかんたら、進化系(その2): Wach auf !
posted by みーけ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。