2012年03月12日

財務省文楽座 民主党増税心中

野田佳彦が実質総理になった民主党両議員総会の場で「もうノーサイドにしましょう」と呼びかけた時にこれで民主党は一致団結して国民の生活が第一に戻ると期待もしたんだがその後の組閣にてあっさり裏切られる。なんたって財務大臣に安住淳だもんね。神輿は軽いほうがいいなんてよく言われたものだが軽すぎるのにもほどがある。
内閣改造後には副大臣に岡田克也、防衛大臣に田中真紀子の旦那だもんなぁ。これじゃ万事が万事「事務方にお任せしてある」でオシマイじゃんか。

世界最悪とも言われる大惨事を引き起こした東京電力から誰ひとりとして逮捕される輩は皆無で誰ひとりも責任を取ることもしない。事故当時の社長清水正孝は退職金をガバッともらって顧問就任だと。開いた口が塞がらない。

BUNRAKU-zouzei-shinjyu.jpg

画像をクリックして出てきたページの画像を再度クリックすると大画像がご覧になれます

さて本題。
頭脳明晰の天才たちが国家公務員第一緒試験を経て官僚となり国家の運営に携わる。これは真っ当なこと。しかし国家公務員倫理法が謳うように『国民全体の奉仕者であり、国民の一部に対してのみの奉仕者ではない』を清く正しく美しく守ってもらわねばならない。

財務省は東京電力を潰すのに大反対。理由は税金から損害賠償費用を出さねばならないからだと?。違うでしょ、東電を潰せば財務省の大々的天下り機関である日本政策投資銀行が大損して傾くからでしょうに。
東電は総括原価方式の名のもとにサッカーチームの運営費もどこに渡したかわからない寄付金まで経費にして電気代に上乗せする。さらに賠償費までも電気代に上乗せすれば財務省は庶民から掠めとった税金を悩まずに使い放題できますからね。
消費税5%で約10兆円が財務省管轄となっているが消費税を10%に上げると約20兆円!政治家を洗脳して動かせばそのすべてが財務省の財務相による財務省のための政治ができるわけだ。

10年にひとりの逸材と言われる勝栄二郎は財務大臣だった野田佳彦を洗脳し総理となった今も裏で操っている。ドジョウの脳みそを洗脳できるのもまたすごい技能だがそれをすべて信じて庶民を狼狽させるドジョウもドジョウだ。

民主党に「マニフェストに立ち帰れ」とはもう言わない。早く総選挙しろ!野田は千葉の濁った水底で寝てろ!。


posted by みーけ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。