2012年03月06日

民主党と嘘とビデオテープ

ネタ元の映画「セックスと嘘とビデオテープ」はカンヌ映画祭でパルムドールに輝いただけあっていやらしくないエロチシズムが香る品のある映画でした。
翻ってこの映画、「民主党と嘘とビデオテープ」はえげつなさ超満載です。(泣笑)

DPJ-Sex-Lies-and-Videotape.png

画像をクリックして出てきたページの画像を再度クリックすると大画像がご覧になれます


1000年に一度の大天災を逆手に取り能力もないのに政権延命をし続けた総理、菅直人。
「直ちに人体に影響はない」と言い放ち多くの国民を被曝させた枝野幸男。
「原発は構造上爆発しません」と言いながら後に水素爆発してもノウノウと1600万円もの給与をもらい続けさらに業界からは多額の献金も受けつつ原子力安全委員会委員長の任期を全うするMr.デタラメこと班目春樹。
尖閣諸島で公務執行妨害や外国人漁業規制法違反した中国漁船の船長に対し那覇地検は唐突に不起訴。その質問を記者から受け「地検が勝手にやったこと」と嘯いた仙谷由人。
「シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか? 」と衆議院選挙の時に辻立ちで言い放ったその口でこの大不況時に「税と社会保障の一体改革に命をかける」野田佳彦。

ビデオで嘘がバレる。ネット社会は為政者にとって恐ろしい社会ですね。バレても白を切る。うそぶく。言い換える。そんな事ばかりの2年半でした。
民主党は何やっているんですかね?もういい加減にして欲しいですわ。
2009年(平成21年)9月16日から始まった民主党政権ですがわずか900日でこんな惨状になるとは夢々思いませんでした。

しかし、それで見えてきたことがあります。
既存の政党を取替てもダメだったわけですから今度は新しい政党や新しい政治家に託してみようと思っています。
これはこれで危険ですけど仕方ありません。
未来永劫、民主党には二度と投票しませんからね!
posted by みーけ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。