2009年08月30日

さよなら、自民党

きょうは自民党に審判が下る総選挙の日です。

0622sight00.jpg

この4年間、国民を上から目線で見下ろし続けてきた麻生自民党がどれだけ負けるのかが確定する選挙です。
民主党が勝つのは民主党が素晴らしかったのではなく自民党がいかにだらしがなく嘘つきで反省もなかったからです。国民が自民党に愛想を尽かしたからです。
民主党が選挙前にあちらこちらで訴えてきた事柄を4年後実現できず言い訳に終始したなら明日は我が身と散るでしょう。

ぜひみなさん投票に行ってください。お願いします。
ご自身が信じる人に清き一票を託してください。
もし信じる人がいないなら、このままの生活で良ければ与党に、もっと生活が良くなって欲しいなら野党に投票しましょう。
国民審査は予習をしてから行ってください。投票所に何の資料もありませんから。
(私はオールXをつけてきますけどね。)

かつて片山虎之助は参議院選挙でトンデモ姫に激戦の上敗れたがその敗戦の弁で男を上げました。
それをテレビで見て政治家たるものの品格と人格を兼ね備えた人であったんだと認識を新たにしたことを思い出しました。

片山虎之助 落選確定後の挨拶

本当に皆様のおかげで
私どもは正々堂々フェアプレーで選挙戦を終始する事ができました。
それにも関わりませず、
皆様の期待に反した結果となりました事を
全てが私の不明不徳のいたす所でございまして
皆様に心からお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。  (深く頭を下げる)
また私自身幹事長でありながら自分の選挙にかまけまして
他の多くの同士を応援する事もできなかった事に責任を感じております。
私は自民党は反省すべきは反省し、
改めるべき所は改めるべきだと今強く思っております。
私にも少し時間ができましたので
これからはわが国のこれからの政治、
岡山県や岡山市、倉敷市、その他の市町村の将来について
じっくりと腰を落ち着けて考えてみたいと考えております。
今日お集まりになりました全ての皆様の今後のご発展とご健勝を祈りまして
私のご挨拶に致します。
ありがとうございました。 (深く頭を下げる)


さてさて、きょう麻生太郎は敗戦の弁を何と語るのでしょうか?

kouyakuasou.jpg

今なお首相である麻生太郎の敗戦の弁次第で自民党の将来が左右されると思います。
ぜひご自身の言葉でしっかりと我々国民に心響くようにご披露していただきたいものです。
posted by みーけ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【決戦総選挙】国民一人一人が自らの主体的意志を持って日本の歩む道を定めよう!【投票に行こうぜ】
Excerpt:  日付が替わり、遂に 運命の日となる2009年8月30日 が訪れた!  これまでの選挙情勢は民主党が圧倒的優勢と伝えられてきたが、「勝負は水物」。最終的には投票が終了し開票作業が終わらない限りどういう..
Weblog: ステイメンの雑記帖 
Tracked: 2009-08-30 09:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。