2012年12月17日

さよなら、民主党。

第46回衆議院議員総選挙が終わりました。
良くも悪くも「動かしたのは、国民。」でした。

Ugokashitanoha-Kokumin3.jpg


民主党は大惨敗。当たり前です。
コンクリートから人へのスローガンの下、沖縄基地移転、八ッ場ダム廃止、高速道路無料化、天下り撲滅、積極的な情報公開など何もできず、ついには埋蔵金発掘を放り投げて消費税増税に行き着くんですから。
解散を受けて選挙戦に入り「どんな謝罪が聞けるのか」と思いましたら、「前に進むのか、後戻りするのか」「自分で責任を負って決断する」などなど…。
完全に居直っての選挙演説に呆れ果ててしまいました。
マニフェストにない国民に約束したことと違う道を進みそれを「決断。」と美化して自慢げに仁王立ちされちゃ〜いくら温厚な人々も離れていきますよ。

民主党が選挙戦で急に言い出した「原発ゼロ」ですが彼らが真っ当に行動するなどありえません。
政権時に「原発ゼロ」で本当に政治をやっていましたでしょうか?
菅直人などギリギリで復活当選しましたが、もう原発ゼロのエネルギーなどとっくに燃え尽きていることでしょう。
さて野田豚ですがしぶとかったですね。この結果で彼は自分の間違いが理解できたでしょうか?たぶん未だに理解してないんじゃないでしょうか?

今後民主党が政権に返り咲くことがあるとすれば自公と組んで大政翼賛会としての政権成立時だけでしょう。国民を騙し国民を欺き国民を愚弄し続けた政党に明日はないと思います。民主党の消滅を心の底から願います。

民主党が玉砕したその反動で自民党が政権に返り咲くことになりましたが、現時点で決め打ちするのは早すぎますので組閣を見届けてからにします。

余談になりますが、17歳になる愛猫コナミが老衰による多臓器不全で昨日天に召されまして、ダブルショックとなり気持ちが相当凹んでおります。ううう。

posted by みーけ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

江川紹子さんが提唱する「X10(バッテン)プロジェクト」に賛同します。(最高裁判所裁判官国民審査)



第46回衆議院議員総選挙が公示されましたが、何せ公職選挙法という現代のシーラカンスのような法律に縛られてしまいます。ヘタレな私はブログを更新できず、しかたがないのでチマチマとスタイルシートの刷新をやっておりました。
みなさんどうでしょう?少しは見やすくなりましたでしょうか?

さ〜て今日は「X10(バッテン)プロジェクト」のお話です。

X10PROJECT.jpg

「X10(バッテン)プロジェクト」ポスターはどんどん拡散ください。よろしくお願いします。

バナーまで作ってしまいました。もう本気モードです。
X10PROJECT-Banner.png


衆議院議員総選挙がありますと一緒に最高裁判所裁判官国民審査もやるんですよね。
司法は三権分立の一角を担い、行政と国会のトップは国会議員であるのに、最高裁判所裁判官は弁護士資格のある公務員の方たちになります。しかも最高裁判所長官は天皇が任命し、他の最高裁判所裁判官は天皇が認証するという恐れ多い方たちなのです。

しかし、この最高裁判所裁判官国民審査が曲者でテレビを見ているだけでは情報がほとんど入って来ません。
新聞では投票日の前日に大きくて1面の半分くらい使って裁判官の過去の判例が載りはしますが罷免に値する裁判官か否かなんて理解できるようには書いてありません。
恐れ多い方たちだから新聞テレビは恣意的に情報をあえて出さないのかと疑ってしまいます。

そんな情報が希薄な状態で投票所に行き意義ある判断ができる国民が何人いるんでしょうか?
しかも、わからないからと白紙で投票したら自動的に信任になってしまう恐るべし制度です。

こんななぁなぁでまぁまぁな、いかにも日本的という制度は改定されるべきと思いまして個人的に随分前から裁判官全員にXをつけておりました。
最高裁判所裁判官を罷免されたところで弁護士資格はそのままですし明日からハローワークで職探しすることも全然ないでしょうからね。

立法府である国会が早く制度改革すべきなんですが現在の内閣総理大臣が人間ではなく豚ですから期待できるはずもありません。ブーブー

そんな中、江川紹子さんが「X10(バッテン)プロジェクト」と名付けて「今回の最高裁裁判官の国民審査では、全員に×をつける」運動を提唱されてます。




このような状況に対する批判も込めて、私は全ての裁判官に×をつけようと思う。10人に×をつけるので、勝手にこれを「×10(バッテン)プロジェクト」と名付けてみた。一票の格差をなくすように求めている、一人一票実現国民会議も、全裁判官に×をつけることを推奨している。最高裁は、前回の選挙が「違憲状態」とは認めたものの、一票の格差をなくし、どこの地域でも同じ重さの一人一票を実現すべき、という姿勢は誰にも見られないため。もちろん、業績なり人柄なりを知っている裁判官がいて、「この人は信任したい」と思えば、その人は×をつけるのを避ければいい。また、×をつけることにはどうしても抵抗がある、という人は、衆院選挙の投票だけを行って国民審査を棄権する方法もある。いずれにしても、もう漫然と「よく分からない」から無記入の信任票を投じるのではなく、司法に対する意思表示をする国民審査にしたいと思う。あなたも「×10プロジェクト」に参加しませんか?

特別寄稿・江川紹子  選挙後に「こんなはずでは」と言わないために 五感のフル稼働を  <衆院選・特別コラム>(gooニュース) - goo ニュース


晴耕雨読では江川紹子さんのTwitterでの経緯もまとめてくださいました。
最高裁判所裁判官の国民審査 あなたも「×10プロジェクト」に参加しませんか?:江川紹子氏 | 晴耕雨読



おちゃらけ社会派のちきりんさんも「全裁判官に×をつける」と言っています。しかも「強く拡散希望」なので私も微力ながらご協力させていただく次第です。

このままでは政治家はいつまでも動きません。毎回違憲のまま選挙をし、自分が通ればそれでいいのです。選挙は(違憲であっても)有効だと最高裁がお墨付きを与えてくれるのですから。
なので、ちきりんは全裁判官に×をつけるつもりです。最高裁が全員一致で「このままの状態で選挙しても(もちろん違憲だし)無効だ!」と言う状態に持っていくには、
「今のままでは私たちは、あなたたちを信任できない!」と伝えられる数字を(今回の国民審査で)見せることが、重要だと考えているからです。


国民審査と一票の格差 - Chikirinの日記


…ということで、今回の最高裁裁判官の国民審査では、全員にXをつけましょう!
私も堂々とXをつけてやります!
「X10(バッテン)プロジェクト」わっしょい!わっしょい!

posted by みーけ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

寓話 恥の横綱(野田豚泥鰌 重複立候補に捧ぐ)

HAJI.jpg


むかしむかし、大和の国の小さな村のお話。
娯楽という娯楽が何もない時代ですから民衆は季節ごとに行われる相撲大会を大変楽しみにしていました。
相撲といえど五穀豊穣祈願と収穫に感謝する神事です。
ところが横綱が次々と不祥事で辞めてしまい仕方なく有り余る体格と弁の立つ野々田彦衛門を横綱に迎えてから悲劇は始まります。

野々田彦衛門は横綱に昇進してからというもの全場所負け越しなのに全然努力も反省もありません。
そうして始まった冬場所も次々と黒星を重ねていきます。
怒った人々は花道で「辞めろ!」「帰れ!」「退場!」と口々に罵声を浴びせますが、当の野々田彦衛門は「大きな音だね。」と嘯きどこ吹く風です。

その言い草に関取衆まで怒りだしてしまいとうとう引退を勧めます。
野々田彦衛門は「近いうちに」と答えただけで相変わらずの毎日でした。
怒りは渦となり村の外にも広まり、やっとの思いで一番勝負で負けたら引退する運びとなりました。

その一番勝負の日取りが決まった日、野々田彦衛門は「前に進むのか、後戻りするのか?」と人々に訴えかけました。
それを聞いた民衆は「お前が後戻りさせたんだ」と怒りを通り越し呆れ果ててしまいました。

あと2週間で決戦という日、重大な知らせが民衆を襲います。
野々田彦衛門はなんと一番勝負に負けても敗者復活戦に出るというのです。

神事でもある相撲道の精神を冒涜し、横綱の品格をも汚す野々田彦衛門を大和の国の全ての民衆が疑念の目で見つめることになったのでした。

--つづく(かな?)--


民主党、すべての立候補予定者が重複立候補 比例名簿全員1位とする方針 - 日々のストレス溜まりまくり


小選挙区制と比例区重複立候補に見た生き様・死に様 Dec.2, 2012:ニムオロ塾


吉田松陰さんが残した言葉は重いですね。
「粗にして野なれど卑に非ず」
〜責任ある立場のものは卑怯なあるいは卑しい振る舞いをしてはならぬ。己の生き様、死に様で後進に範を垂れねばならぬ。そういう覚悟のない者は、人を率いるべきではない。

〜

posted by みーけ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ノダンゲリオン2.0「ふたりのユキコ、ひとつの気持ち。」

ちょっとその前に本当の映画のお話です。
昨日「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきました。
平日の午後9時30分からの上映にもかかわらず超満員。
さすが公開2日で11億円突破の映画です。
私は昔からのファンでTV版も旧映画版もコミックも全部見てるんですが
後半部分は「ええっ〜?!」「うわ〜!」のオンパレード。
こりゃ続編もしっかり鑑賞することになりそうです。
庵野さんコレどうやって終わらせるんでしょうねぇ?

ここから ノダンゲリオン2.0「ふたりのユキコ、ひとつの気持ち。」はじまり〜はじまり〜。

未来は必ずやってくる。
人々の気持ちが報われるのか否かは別にして。
孤軍奮闘するユキコ。
その時、ひとりの女性が現れた。
琵琶湖の湖底地下深く、次々新たな仲間たちが集う。
極限の世界からふたりのユキコが見つめるものは…。
映画ノダンゲリオン2.0「ふたりのユキコ、ひとつの気持ち。」
船橋市を皮切りに全国縦断ロードショー!
この次も、サービス、サービスぅ!


W-Yukiko-One-Heart.jpg

この映画は『ノダンゲリオン「ユキコ、戰う」』の続編です(笑)
「ふたりのユキコ、ひとつの気持ち。」はご自由にお使いください。

誰が予想しても民主党は壊滅的惨敗になることは火を見るより明らかです。
そこで民主党は野田マニフェストを放棄し反野田陣営が新たな執行部を作ることができるかが選挙後の大きなテーマになっていくことでしょう。
そのためにも三宅雪子さんと嘉田由紀子さんのふたりの「ユキコ」さんにはノダス殲滅に団結して頑張って欲しいと切に願うひとりです。

私は過去に多くの「国民の生活が台無し」シリーズの「民主盗」ポスターを作ってきたわけですが、田中龍作ジャーナルであの有名な船橋市の「野田落選デモ」で使っていただいたのがわかりました。

野田首相の自宅・事務所前で落選デモ 「千葉の恥だ」 : 田中龍作ジャーナル


NODA-NODA-DEMO.jpeg


写真左隅のプラカードです。私の駄ブログのエントリー『「いじめ」と野田佳彦』で公開したポスターです。
使っていただきましてありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。
も〜〜どんどん使ってくださいね。タダの人になる前に。



posted by みーけ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。